老後までが長い。

祝 アラサー

人生は最高

思ったより口座に金があって、唐突にそう思った。

 

これを書いているのは過食嘔吐を患った25歳のOLだ。

ここ最近調子よく生きていたのに昨日一昨日先一昨日と何をトチ狂ったのか生活がおかしい。過食して嘔吐している。本当に意味のない行為だと思う。いい年して情けない。

 

わたしはわたしの個人的な問題で苦しんでいて、その気晴らしに過食するのはわたしの自由だしその後嘔吐するのもわたしの自由だけれど。それでもわたしはこの状態をよくないと思っている。時間とお金と資源の無駄だと思っているし身体的にもしんどい。良いことはない。

それでもなかなかきれいにやめられないのはメンタルの浮き沈みのせいで、外的な要因でそういう気持ちになる。そうなったら自分ではもうどうしようもない。気付いたら帰りがけにコンビニに寄って、普段絶対食べないような油と砂糖でギトギトの食品を買って貪り喰いながら帰る。どうせ吐くから普段食べられないカロリーの高いものをというのはとても馬鹿げた考えだと思う。それでもそれをわかっていながら、わたしは過食して嘔吐する。だってわたしは食べたいしそうしなきゃやってられない。でも太りたくないし、そうなるのは耐え難いことだから。

 

何によって人は救われるのか。それは当人にしかわからない。身近に誰かいないかなといつも思う。ロールモデルになるような、過食嘔吐を治した人。健やかに己の体と食事と精神と付き合えている人。

 

怖いのは浮き沈みの激しさだ。これを書いている私は、3日連続で過食嘔吐した。最悪の精神状態で朝を迎えたはずなのに、朝起きて、思ったより溜まっていた己の銀行残高をみて、あっさり人生は最高だなんていいだす女だ。浮き沈みが激しい。浮きがちな人間は同様に沈みがちだからよくない。驚くほどしょうもないことで落ちこむ。落差をなくすのが一番なのだと思う。こんな生活もう嫌だ